紫外線対策は目もガードしてシミ予防

普段の紫外線対策は顔に日焼け止めを塗っていますが、妊活中なので優しい成分のものを選んでこまめに塗り直しています。

洗濯物を干すだけや、室内に居るときでも紫外線は容赦なく降り注いでいますので、日焼け止めを塗るようにしています。

外出するときはもちろん顔に日焼け止めを塗りますが、サングラスに日傘をさすか、帽子を被って目に紫外線が入ってくることを防いでいます。

目に紫外線が入ると、目から入った紫外線が原因で脳が周囲の日差しが強いと判断し、身体を守るためにメラニンを生成すると言われています。

このメラニンはシミの原因になりますので、日焼け止めプラス目を守ることがシミを出来にくくするのには重要になります。

逆に目も一緒に守らなければシミが出来やすくなってしまいます。後は体の内側からの紫外線対策としましてビタミンCのサプリメントをかなり飲んでいます。

ビタミンCは紫外線によって発生したメラニンや活性酸素を抑制する働きがあると言われています。
しかし、ビタミンCはこまめにとらないとすぐに体外に排出されてしまうので、タイムリリースタイプで長時間体内にビタミンCがとどまるサプリメントをいつも飲んでいます。このような対策により顔にはまだシミはありません。