若い頃のニキビとは何かが確実に違う

夜寝る間際、ふと気になり鏡を見たらかなり久しぶりに左頬の高い位置になにやらプツッと赤い腫れ物が。

やってしまった!この位置は1番いただけない。目立つからといって化粧で隠すと治りがかなり悪くなる。
思春期真っ只中の時に出来たTHEにきびとはなにやら雰囲気が違う。

大人にきび…なんだかしっくりこない。これは吹き出物と言われるものかしら。
もしや、昨夜の酒盛りのせい?仕事?旦那?育児?ストレスたまりまくってるよ〜と身体からの警告なのかしら。

鏡を見る度にため息しか出てこない。若い頃のにきび面だった時に塗っていた医薬品は流石に常備していない。
とにかく一刻も早く消え去って欲しいがために、必死に家中探しまくり万能薬でもあるオロナインが目に入った。これだ!思い切り効能欄に、にきび、吹き出物と記載されている。

患部に、ただ塗ってそのまま寝てしまったら枕に擦り付けてしまい意味がない。すぐさまガーゼを被せ夜中取れないようにテープを多目に貼ってご就寝。翌朝恐る恐る鏡の前でガーゼを外すと確実に小さくなっている。これなら厚塗り化粧でごまかさなくとも大丈夫。オロナイン様様である。どう考えてもストレスが原因の大半を占めている気がする。ストレス発散するためにも、休日は旦那様に子供を託し、大好きな美味しいものを食べるよう心掛けようと思います。