お金に困ったいた頃の経験

私は、6歳の子を抱えて離婚しました。両親も近くに住んでいないので、頼る人がいない状態での2人生活のスタートでした。アパートを借りるのに、はじめに敷金、礼金に加え、家賃前払いだったので、50万くらい一括で必要でお金に困りました。それに家電、家具をなどそろえるのにも資金が必要で、すべてオークションか中古のもので済ましましたがそれでも出費はかさみました。

何とか離婚のときに持ち出した現金と、私の貯金で賄いましたが、本当に0からのスタートというより、0円からのスタートになりました。お金を借りることも考えましたが、自分一人で子供を育てるのに借金を抱えるとさらに大変なことになると思い、できるだけ借りたくないと心に決めていました。

月々の収入は市からの子供手当てが毎月1万円、元夫から養育費が5万円であとは私のパートのお給料が月々の収入でしたので、12万円くらいで母子毎月生活していました。それでもこどもの急な支出で生活は苦しく、子供が8歳になったのを機に安定したお給料を求め正社員を目指して就職活動しました。

こどもには申し訳ないけど、学童に行ってもらい、私はフルタイムで正社員として働き始めました。お給料こそそんなによくはないですが、社会保障に守られている安心感と、ボーナスはとても助かります。今では貯金ができるほどではありませんが、日々の生活に困ることなく、普通に暮らせていると思います。